もはや定番!塩昆布と新鮮野菜で作る旨みたっぷりのお漬物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の作る食事は美味しく作りたいけれど、忙しい毎日の中でできるだけ簡単に調理を済ませたいのが主婦の本音ですよね。そんな方に必見なのが「塩昆布」なのです。

塩昆布というとスーパーで目にすることはあっても買ったことは無いという方は多いのではないでしょうか。実は塩昆布一つあれば美味しくいつもの料理が作れてしまう万能調味料なのです。その中でも昆布と新鮮野菜で作るお漬物は簡単ヘルシーでとっても美味しく作れちゃいますよ。では塩昆布の実力を探っていきましょう。

1.昆布について知ろう

shutterstock_365719094昆布というと汁物や煮物などのだしを取るものというイメージが大きいですよね。旨味成分がぎゅっと詰まっており日本食の基本になる食材として欠かせません。では「旨味」はどういうものなのでしょうか?

1-1.昆布の旨味成分とは?

そもそも人が感じる味には、甘味・酸味・塩味・苦味がありそれにプラスして旨味が存在します。旨味はグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸などがあり、昆布のうまみはグルタミン酸というアミノ酸の一種から作られているものです。グルタミン酸が料理に加わる事で、より食品が美味しく感じられるようになり食事の美味しさがグンとアップするのです。乾燥された昆布に付着している白い結晶はグルタミン酸から作られているものなので、乾燥昆布を使用するときは白い結晶を落とさず使用するのがポイントになります。

1-2.旨味が生む料理への効果とは

塩見や酸味などに旨味が加わる事によってより料理にコクが生まれたり、味に奥行きが出て美味さがアップする旨味ですが、いつもの料理に旨味がプラスされることによって旨味が料理の味を引き立たせしょうゆや塩などの調味料を減らす事が出来ます。減塩に繋がることはもちろん、食材そのものの味を堪能できる料理にする事が出来ます。旬の食材はそのものが美味しいので、ぜひ昆布の旨味で食材の味を楽しみたいですね。

2.塩昆布は万能調味料!

shutterstock_305655881料理を美味しくしたり食材そのものの味を引き立たせる旨味を持つ昆布に塩などの塩味を聞かせたものが塩昆布ですが、すでに美味しい味が付いているので料理の味付けに使用するといつもの料理をワンランクアップさせる事だってできます。しかも余計な味を加えなくて済むので、塩昆布だけで料理がササッと作れてしまうので調理の負担もグンと軽く出来ちゃいます。そんな塩昆布の調理法を見ていきましょう!

2-1.簡単美味しい!新鮮野菜の漬物

通常漬物というと野菜に塩をたっぷりと振り、重しを乗せて1日位は待って食べるというものですよね。時間を置くことによって漬物が発酵することで旨味が作られるので、作ってもすぐに普通は食べられないのです。でも塩昆布を使用すると昆布の旨味で短時間置いただけでも美味しい漬物がすぐできてしまいます。

季節の新鮮な野菜と塩昆布でササッと和えて少し馴染む程度に置くだけなので、「今日の野菜の料理が欲しいな」「1品追加したいな」と思い立ったらすぐにできるのが嬉しいですね。昆布の旨味で新鮮なシャキシャキの野菜がグンと美味しくなりますよ。漬物よりも塩分が控えめにできるのでパリパリサラダ感覚で食べれる漬物になりますよ。オススメの塩昆布で作る漬物レシピをご紹介ます。

・白菜と塩昆布の漬物
白菜を3センチほどの角切りにして、塩昆布と和えます。器に盛りつけて仕上げに鰹節をふるだけで完成です。

・キュウリの梅塩昆布和え
キュウリを乱切りにして、たたいた梅干しと塩昆布を和えて完成です。塩昆布で塩味が付くので、梅干しは甘めなものがベストマッチです。多めに作って常備菜にもできますね。

・茄子の塩昆布漬け
乱切りにしたなすは水につけてあく抜きして、水気を切ったら塩昆布と和えます。青じそやみょうがなどの薬味をプラスするとさらに奥行きのある味付けになります。

・やみつき塩昆布キャベツ
キャベツをザクザク太い千切りにして、塩昆布とごま油で和えるだけです。サラダ感覚で食べれる漬物です。お酒のおともについつい手が止まらない一品です。白菜で作っても美味しく出来ますよ。

2-2.レパートリーが広がる!塩昆布レシピ

いつもの調味料の代わりに塩昆布を使用するだけでとっても簡単に味が決まってしかも美味しく出来てしまうレシピがたくさんあります。主食、主菜、副菜、それぞれ使用できるレシピがたくさんあります。

2-2-1.主食編

塩昆布おにぎり
塩昆布の塩加減が白いご飯にとってもマッチします。炊き立てのご飯に塩昆布を加えて混ぜるだけなので、忙しい朝やお弁当の時にもおすすめです。お子様にはチーズをプラスしたり、大人には青ネギを加えても彩よく美味しくなりますよ。

塩昆布パスタ
昆布と言えば和風というイメージですが、パスタにだって相性バッチリです。ゆで上げたパスタをボウルにとり、塩昆布とバターで和えるだけできるのでランチにも良いですね。

塩昆布トースト
パンにだって塩昆布はばっちり合います。食パンにバターと塩昆布を乗せてトーストするとちょっと昆布が香ばしくなって美味しいですよ。

2-2-2.主菜編

塩昆布入り和風バーグ
鶏ひき肉に卵、玉ねぎのみじん切りを加えて味付けに塩昆布をプラスします。野菜嫌いのお子様にも昆布の食物繊維がプラスされて家族の健康も考える一品です。仕上げに大根おろしと大葉を薬味にしても良いでしょう。

・だし巻き卵
だし巻き卵はだしの味付けが結構難しいですが、塩昆布だと簡単に仕上げる事が出来ます。卵に塩昆布を入れて水を少量加えるとふんわりだし巻きが完成します。

・たらの塩昆布マヨ焼き
冬に美味しいたらにマヨネーズと塩昆布を混ぜたものを乗せて、グリルで焼き上げます。ご飯が進む一品が簡単にできちゃいます。

2-2-3.副菜編

・ポテト塩昆布サラダ
いつものポテトサラダに塩昆布をプラスします、昆布のミネラルと旨味がプラスされて、体にも美味しい1品になります。

塩昆布と納豆のあえ物
納豆にしょうゆ代わりに塩昆布をプラスします。おくらなどを入れてねばねばパワーをアップしても良いですね。
 

まとめ

塩昆布は昆布の旨味で料理を美味しく仕上げる効果や、元々味が付いているという事を生かして調理の味付けにも使える1品なのですね。ちょっと時間のかかる漬物も塩昆布ならあっという間に美味しく作れちゃいますン。しょうゆや塩、砂糖などの調味料にプラスして一家に一つ塩昆布を加えてるだけで美味しく料理のレパートリーを広げる事が出来ますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*